Requires a javascript capable browser.

ガイソー相模原店

外壁塗装

アヴァンセ

地球温暖化・ヒートアイランド現象を抑制・回避する遮熱塗料アヴァンセ

アヴァンセ
つの特長

項番1
屋根・外壁の温度上昇を抑制

高日射反射率塗料(遮熱塗料)を採用するメリットは、夏季のエアコン冷房費を大幅に削減し、省エネ・節電に効果を発揮することです。また、これによってCO2の削減にも貢献します。
外壁・屋根の温度上昇を抑制することで、塗膜や素材の耐久性を向上させます。

一般の塗料

素材まで熱が吸収され、室温UP

遮熱塗料アヴァンセ

反射性能により熱が吸収されにくい
中空セラミックバルーンにより、太陽光による熱を大幅にシャットアウト!

温度差20.3℃

同じ色のアヴァンセFクールと一般塗料を塗装した鋼板に、太陽に見たてたレフランプの光を照射して裏面の温度を測定する試験をおこなった結果、30分後の最大温度差は20.3℃でした。これにより温度上昇を抑制する効果が実証されました。
アヴァンセを外壁や屋根に塗れば、夏場の室内の熱ごもり軽減が期待できます。

一般と柳雄に比べて 最大温度差20.3℃
一般と柳雄に比べて 最大温度差20.3℃
鋼板面に同じGS-23(グレー色)で塗装して、レフランプの光を当て、裏面温度を測定する実験。
温度計:サーミスセンサー
使用器具:100V 100W レフランプ・鋼板90×210mm
測定時期:ランプ点灯後30分 ランプとの距離10cm
項番2
高耐候性

アヴァンセSiクール・アヴァンセFクールは、従来のアクリル樹脂やウレタン樹脂に比べ耐候性・耐紫外線に優れています。その為、定期的な塗り替え周期を飛躍的に伸ばせます。

項番3
低汚染性

一般の高光沢樹脂塗料は塗装後に年々黒ずみや雨筋汚れなどで汚れてきますが、アヴァンセSiクール・アヴァンセFクールは耐汚染性能が高く長期間に渡り建物をきれいに守り続けます。

項番4
防カビ・防藻性

防カビ・防藻性能があり外壁に発生するカビや藻類など微生物の発生を抑制します。塗膜劣化以外の二次汚染に効果を発揮します。

性能はもちろん、仕上がりにも
大変ご満足いただいています!

アヴァンセSi・アヴァンセFクールの
施工事例

Before
After

アヴァンセSiクールを塗る前は、屋根の表面温度は41℃もありました。その熱が室内に伝わり、熱ごもりの状態で空調効率がかなり悪いとのことでした。アヴァンセSiクールを塗った後は、屋根材の表面温度は36.9度。約4度も下がっています。ということは、室内に伝わる温度も下がっているということになります。
施工後には、空調効率も上がりスイッチを入れた後の冷房の効きが早くなったそうです。これからの沖縄の暑い夏を快適にすごせそうだとお施主様もおっしゃっていました。

その他サイディング施工事例を見る

どんな塗料も効果を100%発揮させるには

下地処理と塗り方にポイントが

さらに詳しく知りたい方はこちら